曼荼羅アートとは


曼荼羅アート

曼荼羅アートとは、

 

曼荼羅模様を使ったアート作品のことです。

 

曼荼羅模様は世界中で昔から描かれており、

洋服の柄や建物の壁の装飾に曼荼羅模様は使われていますので、

曼荼羅模様はみなさんも日常で何気なく見ているかと思います。

 

曼荼羅模様は同じ図柄が幾何学的に並んでいることが特徴な模様です。

曼荼羅アートの魅力


曼荼羅アート

曼荼羅模様の制作は、同じことを繰り返して作っていくことで出来上がります。

 

同じことを繰り返すことで、集中が高まり、瞑想状態になりやすいことが特徴です。

 

脳が瞑想状態になることで、自分を見つめることができて、自分が何に悩み、どうしたら良いのか気づきを得られることにつながります。

曼荼羅アートの種類


曼荼羅塗り絵アート

曼荼羅アート

曼荼羅塗り絵アートとは、曼荼羅模様に色を付けるアートです。

曼荼羅の塗り絵アートは、曼荼羅アートの中で一番簡単に制作できます。

 

塗り絵は誰でも子供の頃に一度は体験したことがあるかと思いますので、

曼荼羅の塗り絵は気軽に始めることができます。

点描曼荼羅アート

点描曼荼羅アートは、曼荼羅模様にゲルボールペンで点を打って色を付けていく曼荼羅アートのことです。

 

曼荼羅の塗り絵同様、曼荼羅模様が描かれている下絵があれば、簡単に始めることができます。

糸かけ曼荼羅アート

曼荼羅アート

糸かけ曼荼羅アートとは、

台にピンを打って糸をある法則に沿って糸をかけていくと曼荼羅模様が出来上がります。

 

糸かけ曼荼羅は、シュタイナー教育から始まったもので、

素数を子供に教えるときに糸をかけて教えています。